よくある質問 | 豊田市の外壁塗装はヒロ塗装

よくある質問

Q

見積金額で決めてもいいですか?

A

外壁を塗装する場合、材質(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)、塗る回数、外壁の補修(ひび割れなど)などによって見積金額が違ってきます。ただ、 安いだけで頼んでしまっては後々、トラブルの原因になってしまいます。ヒロ塗装では見積時に施工内容を十分に説明させていただき施工させていただきます。 見積を出すのは無料ですのでお気軽にヒロ塗装にお問い合わせ下さい。

Q

塗り替えの時期は?

A

一般には10年位と言われています。
しかしやはり目視して確認する方が良いでしょう。
とても簡単なチェックとして、外壁を手で触ってみるという方法があります。
このとき手に白い粉が付く状態だと、塗装の意味はほとんど無い状態だと言えます。あとは見た目に汚れやひび割れなどが生じている場合はかなり危険な状態であるといえます。
ヒロ塗装ではご連絡いただければ無料で現状確認させていただき、必要であれば見積もりさせていただきます。

Q

住宅塗り替え費用(見積金額)はどのように決まるのですか?

A

現地で施工する工事は、施工前の予算原価と工事完了後の実績原価では工事ごとに違ってしまい、お客様へ事前に適正価格を提示するのは難しいのもです。だからと言って、そのリスク負担までを上乗せした見積金額が認められる訳ではありません。

安ければ手抜き工事(薄めて塗る、工程を省く、決められた材料を 使わない、・・・)が心配、高くても安心とはいかないのが住宅塗り替え工事です。
ヒロ塗装では十分に現場での調査をした後、お客様に見積内容の説明をさせいていただいております。

Q

外壁や屋根塗装って、どうして価格にばらつきがあるの?

A

塗料材料によって価格がかなり違います。
外壁塗装や屋根塗装は、高くなるにつれ、耐久性に違いが出てきます。
ヒロ塗装では塗装場所及びお客差のニーズに合わせて塗装の種類をご提案させていただきます。

塗料の種類耐久年数
アクリルエナメルトップの塗装

7~8年

ウレタンエナメルトップの塗装

9~10年

シリコントップの塗装

10~12年

フッ素の塗装

14~16年

耐久年数は塗装場所、塗装する材質により変化します。

Q

手すり、ベランダの鉄の部分にさびが出てきたのですが?

A

鉄の部分の塗装は早めにされるをお奨めします。
あまりにさびてしまうと、塗替え時のさび落としに時間がかかり、さびで、でこぼこになってしまうと塗装をしてもその部分が目立ってしまいあまりきれいにな らないからです。また、さびが手すり、ベランダの奥深くまで浸食してしまうと強度が弱くなり折れたり、曲がったりする原因になってしまいます。お早めの塗 装をおすすめします。

Q

塗り替えにはどれくらい期間が掛かるの?

A

30坪くらいのお宅ですと、1週間~2週間かかります。ただし、天候に大きく左右されますので御了承下さい。

雨及び湿度が85%以上の場合には作業が出来ませんので。

Q

吹き付けとローラーどっちがいいの?

A

一概にどちらが良いのか言えませんが、仕上がりに凸凹などの模様をつけたい場合などは吹き付け塗装となります。
吹き付け塗装の長所は仕上がりの模様・柄が豊富にあります。
ローラー、吹き付け共に飛散防止用のシートを建物を囲みますがローラーの場合、吹き付けよりも飛散の心配はいりません。

Q

吹き付けとローラーどっちがいいの?お風呂場を塗り替えたいのですが…?

A

お風呂場用の防カビ塗料があります。
アレルギーが気になる方には100%天然原料の塗料も存在します。

Q

塗装以外の工事も依頼可能ですか?

A

もちろん可能です。
ヒロ塗装では、多くの横のつながりを持っています。
リフォーム、増築など建築に関わること何でもご相談下さい。その分野で技術確かな職人をお客様にご紹介いたします。

Q

防水工事の注意点は?

A

防水工事の見積りを依頼する場合には、塗装と同様に材料の種類、工程の他に使用する材料の量も確認することが必要です。
この使用する材料の量により防水層の厚さが決定してしまいます。
メーカーが推奨する防水層の厚さ、㎡あたりの材料使用量がありますので、使用量でこの厚さになるか確かめなければなりません。
防水層の厚さが薄ければピンホールが発生する確率が高くなる事はもちろんひび割れが発生してしまう可能性もあります。
防水の見積もりを依頼する場合には、材料の使用量は必ず提示してもらう様、依頼しましょう。